各種情報ページ

BARCLAYのこだわり

BARCLAYのこだわり BARCLAYのこだわり

私たちは約100年間、神戸の街で婦人靴をつくり続けてきました。

女性の美と健康を叶えるための靴づくりの日々。100年間守り続けた靴職人の誇りと情熱、メイド・イン・ニッポンの看板。

ものづくりや美しさの変化に寄り添い、築き上げた伝統と技術の歩みを、胸を張ってお見せできます。

これからさらに激しく移ろいゆくであろう時代、常に美しいものをつくり続けるためには、
自らの過去や現在だけでなく、ニッポンの未来をも見据えねばならないと感じています。

BARCLAYの靴ができるまで

  1. 裁断

    デザイン別に作られた抜型で、革のキズや血筋、また伸びなどを考慮に入れ慎重に裁断を行います。

    裁断
  2. 縫製

    革専門の特殊ミシンを使用して貼り合わせた各パーツを手作業で縫っていきます。

    革に厚みがあるため、職人による手作業は技術を要します。

    縫製
  3. 釣り込み

    出来上がった甲革をラスト(木型)にかぶせ、靴の型に丁寧に成型します。

    つま先を機械で釣り込み、サイド(踏まず部分)はラスティングピンサー(ワニ型ペンチ)を使って釣り込みます。

    履き心地を決める重要な工程のため熟練職人が行います。

    釣り込み
  4. 底づけ

    甲革と本底の接着面は、接着力を強くするためバフ掛けをし起毛させます。

    接着剤を塗布し自然乾燥後、圧着機を使用して接着します。

    底づけ
  5. ラスト(木型)抜き

    甲革形状を安定させるため、ラスト(木型)を入れたまま最低一日寝かせ抜き取ります。

    ラスト(木型)抜き
  6. ヒール打ち

    ヒール形状にあわせて釘の種類も変えるので熟練した技術を要します。

    ヒール打ち
  7. 仕上げ

    中敷を貼り、生産中に付着した汚れやゴミを落とし、クリームやワックスで艶を出します。

    仕上げ
  8. 完成(検品・箱詰)

    最後に入念な検品を行い箱詰めします。

    完成(検品・箱詰)

本社に併設の工場で製造しております。

本社に併設の工場

ページトップへ